2011年11月02日

78日目

 な、何がなにやら・・・・・・。
 榊さんのカエダさんへのプロポーズにぽかーんとしてたら、
 いきなり着てたお洋服がビキニなって、髪の毛もアップにされてて、事態が飲み込めない状態で
 波が来て・・・・・・・。
 気がついたら浮き輪に乗って水面をたゆたってた。

「あーもう・・・日焼け止め塗ったかなぁ・・・」
 運良く魔法具つき日傘が浮き輪の金具に引っかかってくれてたので、日焼け止めを取り出して、
水面から出てる部分は塗ってみた。そして日傘を差す。

「もーっ何なの!?」
 島のみんなも流されたみたいで周りに色んな人が浮き輪やボートに乗ってる。
 顔見知りの人の姿もちらほら確認できたけど、ここは海のど真ん中。
 海育ちでもないもやしっこの私じゃ、溺れちゃう可能性もあるから泳いで近づくこともできない。
 あーもどかしいっ。もどかしいったら!

 軽くむくれてたらガトー(狼型)とメアリーちゃんが近づいてきてくれた。
「イソ、大丈夫かー?」
「イソイソ、波がざぱーん!ざぱーん!」
 ご丁寧にガトーには救助犬用の浮き袋が着いてて、メアリーちゃんは幼児用の水着に浮き輪姿に
なっていた。
「王女は無事みたいだぞ、飛んでいくか?」
 あ、そうだった。ガトーは合成でミストドラゴンになったんだものね。
 メアリーちゃんがあれ、あれ、と指さす方向を見たらかなり遠くに私たちの王女様、
豪華客船Princesa del oceanoの姿が確かに見えた。
 このまま日焼けするのも嫌だったので、ガトーの意見に従うことにする。
 パーティのみんなは行き着けているか確認したいしね。
 周りにたゆたってる方々に迷惑をかけないようにガトーに変化してもらって背中に乗り込んだ。
そういえば竜になったガトーに乗るのは合成して以来かな。
 海風が気持ちいい。
 でも、鞍とか着けてないからちょっと怖いかも!!かろうじて、首輪があるからどうにかなったけど!
 それを察してかガトーものんびりしたスピードで飛んでくれてるみたい。
 海面がちょっと見られる余裕もある。
 周りを見渡していたら見覚えのある後頭部を見つけた。

「みじゅちーっ」

 メアリーちゃんが叫んだ。

続きを読む
posted by ちさの at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記ログ